新潟日報情報誌「Carrel(キャレル)」の取材を受けました!!(2019年2月)

しっかり時間をかけて手技にこだわる日本で唯一の「整骨工房」

新潟市中央区 新潟整骨工房

 

 街を歩けば「整体」や「整骨院」などの看板をよく見かける。しかし、その違いをしっかりと認識している人は少ないだろう。そんな中、少し変わった治療院がある、JR白山駅前にある整骨院「新潟整骨工房」だ。

 新潟整骨工房は、院長の渋木光栄先生と妻の由佳さんが営んでいる。2008年より長く「整体(タイ)工房」として営業してきたが、約1年前に「整骨(コツ)工房」として生まれ変わった。「白山は学生が多い街。部活動などで怪我をした学生さんの為に、治るまで通い続けられる整骨院にしたいと思ったのです」と渋木院長は語る。新潟整体工房時代に3年がかりで専門学校に通い、柔道整復師の資格を取得した。

 資格取得後、院の名称に苦労したという。医療保険の適用申請を可能にするためには、院名に「整体」と入っていると保健所からの許可が下りないので、「整骨院」か「接骨院」か「ほねつぎ」として登録する必要がある。医療保険は使えるようになりたいが、なんでも保険で治療してもらえる院だという印象を患者さんに与えたくない。「そんな時、妻が『整体工房の体(タイ)の字を一字変えて整骨(コツ)工房にしたらどう?』と提案してくれたんですよ」

 珍しい名称のため「認められないだろう」と思いつつ、保健所に確認したところ問題はなく、院名を新潟整骨工房に変えようと即決。特許庁に申請し、今年1月「整骨工房」という商標登録も済ませた。日本で唯一、新潟にしかない「整骨工房」が誕生した。

 

 

「心は生涯、いち整体師」

患者に寄り添う姿勢と使いやすい料金

 

 新潟整骨工房は、渋木院長一人で患者の施術をしている。「私は治療器に頼るのではなく、じっくり手技で患者さんの痛みや悩みを改善したい。非効率なやり方でも今のスタイルを貫きたい。『心は生涯いち整体師』です」と渋木院長は言う。一人一人と丁寧に向き合うため、1日12人の施術が精いっぱい。来院前は必ず電話予約をしよう。

 料金も良心的だ。新潟整骨工房では、自費診療を主体としながら、急性損傷など医療保険適用申請可能な部位があればそちらを優先して治療し料金に反映させている。「保険が効かない場合でも初回で5千円前後、2回目以降は

4千円前後です。1か月来院履歴がないと再度初回料金と同じになるのでご注意ください」と由香さんが説明してくれた。

 また交通事故による怪我に対して自賠責などの保険も適用されるので、保険会社に「整骨院で受けた治療である」と伝える必要があることを覚えておきたい。

 新潟整骨工房が得意とするのは急性、慢性を問わず腰、肩の痛み。産後の骨盤矯正、うつ様症状や自律神経失調症の方も自費診療で訪れる。白山本院は毎週火曜日と第1、第3月曜が定休日だが、毎週火曜日は燕院で営業している。「休みは月に2日だけ。一日中施術しっぱなしの生活が苦にならないのは天職だからなんでしょう」と渋木院長は笑った。

 なにもかも伸びやかになる春こそ、一度新潟整骨工房を訪れ、大切な体をメンテナンスしてみては。

 

 

 

新潟日報タブロイド紙「Assh」の取材を受けました!!

 

 

テーマ「探る」

コツコツとかたくなに「手技」にこだわる接骨院

新潟整骨工房

 

 肩が痛い、出産して腰痛が出るようになった、事故でむち打ちになった‥。これらの大半が整形外科にかかれば改善するが、治療器では取れない痛みもある。そんな人たちの間で「白山駅前のゴッドハンド」と駆け込み寺になっているのが新潟整骨工房だ。

 

 使うのは「手」のみで、患者の痛みがどこであろうと、基本的に頭のてっぺんから足のつま先まで施術する。「40分間ずっと続けるから疲れませんか?」と笑うのは院長の渋木光栄(こうえい)さんだ。190cmを超える長身で、かつて実業団のバレーボールチームで活躍した。体格に比例した大きな手が、痛みの原因を探っていく。個人差はあるが、最初はうなるような痛みも熟練の手技でだんだんと和らぎ、体の変化を実感する。

 

 痛い部分に痛みの原因があるとは限らないので施術前の問診や検査は丁寧に行う。過去の外傷による体のゆがみや、血糖値・コレストロール・血圧の上昇による筋肉の柔軟性の変化など、患者さんが思いもよらない原因が見えることがある。「人間のからだは本当に面白い。患者さんとのコミュニケーションを大切にすることで私自身も新しい発見があり、治療家として成長できます」と渋木院長は言う。

 

 同院は料金も良心的だ。痛みが起きた日時・場所・原因が明確で急性の損傷と判断されれば医療保険が申請できる。保険が適用されBないが自由診療も続けやすい価格設定だ。「やはり私は機械は使わずに「手」にこだわっていきたい。全てが良くなるわけではないが、手技で芸的に改善する方もいる。愚直で、非効率的かもしれませんが今のスタイルを貫きたい」

 整体院か接骨院かどちらに行けばいいのか迷っている人も、渋木院長なら両方のキャリアがあるので相談しやすい。抱えている痛みがあるなら、一度出向いてみてはどうだろう。