当院について

ケガをした、あるいは急に肩が痛くなった、腰が痛くなったという事であれば、まず第一に整形外科の医院を受診されるでしょう。そしてたいがいの方はそこで治療を受けて症状は改善していくでしょう。

 

しかし、中には整形外科の治療に納得できない、受けてもよくならないという方がおられます。

 

そういう一部の方に対して、そういう方々の受け皿として、新潟整骨工房は存在する。

 

私自身のポジション、アイデンティティはそこにあると認知しています。

 

 

整体師時代に感じていたこと

「新潟整体工房」としてまだ柔道整復師の資格を持たずに「いち整体師」として患者さんに接していた時に、(もちろん整形外科に行って症状が改善する方もたくさんいるけれど)「整形外科に行ったけれど、症状があまり変わらない」「話をよく聞いてもらえない」「電気治療器やウォーターベッドの上で寝ていても、良くなっている実感がない」という方が結構おられました。

 

そういう患者さんに対して、時間をかけて問診をし検査をし、施術中にじっくり話を聞いていく中で「あ、整形の先生はこの部分を聞き漏らしていたんじゃないか?(例えば過去の外傷歴…骨折、脱臼、捻挫、打撲による骨格のゆがみの影響。例えば血糖値、コレステロール、血圧の上昇、甲状腺機能変化による筋肉の柔軟性の変化)「この状態を把握できていなかったのではないか?(例えば生まれつき、あるいは日常生活の影響による微妙な側弯、短下肢、変形など)」と思えることがよくあって、そこを勘案しながらアプローチをしてあげると症状が改善するようなことがよくありました。

 

また、実際に患者さんを触っていて「あ、(別の)ここの部分が固くなっているから(縮んでいるから、力がないから)だからこの症状が出ているんだ」という事も日常茶飯事として感じていました。

 

柔道整復師(医療保険申請可能な資格)になっての治療スタイル

現在、柔道整復師の資格を取得して治療の幅が広がりました。

 

低周波、高周波、干渉波、超音波などの各種電気治療器や、牽引機器なども使用できるようになりました。

 

しかし、治療をそういった機械に頼って、患者さんに接する時間を削っては、今まで見えてきたことが見えなくなる。

 

感じてこれたものが感じることができなくなる。

 

整形外科や、他の治療院の先生方が見落としてこられた患者さんを、結局自分も見落としてしまうことになる・・・。

 

そうなるくらいなら、一日に対応できる患者さんの数は少ないけれど、売り上げもそんなに望めないけれど、コツコツと頑なに手技一本、実直に時間をかけて患者さんへの問診と触診を行うスタイルを変えずに、患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら、丁寧に患者さんに接していきたい・・・。

 

そういう思いで施術をしています。

 

そうすることで、自分自身も「人のからだ」に対する新しい発見があり、治療家として成長できる確信しています。

 

決して新潟整骨工房に来られた患者さんのすべてよくなるわけではありません。

 

しかし、他ではよくならなかった患者さんが、新潟整骨工房に来院されて劇的に改善される方が確実におられます。

 

そういった、ごく一部の方を助けるために、愚直で非効率的な方法ではあるけれど、頭のてっぺんから足のつま先まで施術するスタイルを貫き通したい・・・

 

「自分自身の信念を貫き通し、夫婦二人と犬一匹の食い扶持さえあればそれで充分」という思いで施術に当たっています。

 

これからも「コツコツと、頑なに手技一本・・・こころは生涯、いち整体師」としてのスタイルを忘れずに治療にあたりたいと考えています。

 

 

燕市 新潟整骨工房燕院 院長プロフィール

燕市吉田 新潟整骨工燕院 院長プロフィール
新潟整骨工房燕院 院長渋木光栄

 

院長 渋木光栄

柔道整復師

 

燕市吉田下中野出身 1964年生まれ

身長191cm 体重95Kg

新潟県立巻高校卒(バレーボール部OB)

松下電器産業(株)バレーボール部(現Panasonicパンサーズ)OB

 

日本カイロプラクティックドクター専門学院(2年制)卒

米国ライフカイロプラクティックカレッジウエスト人体解剖学終了

アクティベータ上級コース研修終了

キネシオテーピング協会認定キネシオテープトレーナー

AFA認定フットセラピスト

日本リフレクソロジー協会(RAJA)認定プロフェッショナルリフレクソロジスト

 

 

地元の燕院向けのプロフィールなので、特別に事細かく掲載しました。

時間のある時に眺めてください。

 

学生時代、実業団と「バレーボール」に成長させてもらいました。  

左利き、中学2年生の時点で184cmあり、中学、高校共にセッター対角のライトスパイカーを、おだてられると調子にのるのでキャプテンをさせてもらいました。

 

顧問とメンバーに恵まれたので吉田中学で2年ぶり6回目の県大会優勝、巻高校ではインターハイ初出場と、共に全国大会に出場しました。

 

たまたま大阪の松下電器産業(現Panasonicパンサーズ)から、お誘いがあったときに「実業団でプレーできる器じゃない」と、普通に大学に行こうと一旦お断りしましたが「こんなチャンスはめったにない。世間を見て勉強してこい」という恩師の勧めもあり、高校卒業と同時に故郷の新潟を後にしました。

 

日本リーグ(現Vリーグ)のレベルの高さと、こてこての大阪のノリに圧倒されながら、それでも必死になって練習に励みました。

 

選手としてのレベルは大したことなかったんですが、練習量は半端ではなかったので、肩や膝を痛めることがよくありました。

 

そんな時に助けていただいたのがカイロプラクティックの先生で、「こんな先生の様になれたらいいなぁ」と漠然と思っていた事がこの業界で働くきっかけになりました。

 

しかし結局、へたくそだったのと肩と肘のケガにより、試合に出られたのは5年間で3試合だけでした。

 

丁度松下が日本リーグから二部リーグに落ちたときにその後京都国体を目指していた松下電子工業に移籍、京都国体後にその松下電子工業を引退し、バレーボーラーからいったん普通のサラリーマンとしての人生を歩み始めました。

 

バレーボーラーからサラリーマンへ 

いわゆる高校時代まで、ヘタクソにもかかわらず私は「井の中の蛙」「お山の大将」でした。

 

たいして勉強することもなかったのに落ちこぼれもせず、また大してうまくもなかったのに図体が馬鹿でかいこともあって、試合に使ってもらうことがおおく、また実業団からお声がかかったことで、ある種学校では目立つ存在でもありました。

 

幸運であることをあまり考える事もなく「ま、人生ってこんなもんなんだろう」と高をくくっていたようなところがありました。

 

そんな中、レベルの違う実業団でバレーボールをしている中で、自分自身のプライドはズタズタに引き裂かれ、けちょんけちょんにやっつけられ、結果を出してなんぼの世界の中で、もがき苦しみました。

 

バレーを終えてサラリーマンになったときには、私は地方の高卒の、社会人になって5年もたつのに会社のことはろくにわからない、調子っぱずれのただの世間知らずでした。

 

しかし、実業団のバレーボール時代に、学生時代のお山の大将的なプライドの代わりに、強烈なコンプレックス…「男は仕事ができてなんぼ」という、仕事をする上での自分自身の「核」となる部分が出来上がっていました。

 

バレーをやめてサラリーマン(照明製品を生産している事業場の営業、生産管理のような仕事)となって、それからは、猛烈に働きました。

 

優秀社員ではなかったけれど、猛烈社員ではあったと思います。

 

けっこう納期管理や生産調整など、地味だけれど面倒くさい仕事を嫌がらず、朝遅くから晩遅くまで、土日もいとわず働きました。

 

 

松下電器は、いま思うと本当に懐の深い会社でした。

 

高卒のバレーばかの私に時間をかけて仕事をやるチャンスを与えてくれて、途中はねっかえったり、上司と衝突したりいろいろなことがありましたが、30代のころには照明事業として海外への生産拠点としてインドネシアに工場を建設するプロジェクトが立ち上がったときに、立地国であるインドネシアの初の営業駐在員として働かせていただくことになりました。

 

海外の営業駐在は、高卒としては異例でした。(英語圏でないことが幸いしました。インドネシア語は事業場の営業で話せる人はいませんでしたし、「病気をしない頑丈な奴を出せ」という事だったんだと思います)

 

丁度32年続いたスハルト政権が崩壊し、私の駐在した4年半のうちで大統領が4人かわる政情不安の中で、沢山の方々の支援を頂きながら、「会社のコマ」としての働き方から、マーケットを調べて企画立案して会社を動かす、本当に小さい小さい、しかし一つの「モーター」としての働き方を身につけさせてもらったと感謝しています。

 

自営業を行うにあたっての進め方や覚悟のようなものも、現地のディーラーの社長たちから教わりました。

 

インドネシアの4年半、自分にとってのエポックとなる時期であったと思います。

 

その後、英語のしゃべれない海外営業マンとして日本に帰ってくるわけですが「そりゃまずいだろ」ということで、半年間猛勉強して、TOEICの点数を230点あげて当時の海外営業駐在基準の730点を超える745点まで点数を引き上げました。

 

「さあ、これからは英語圏で頑張ろう」と思っていましたが、あにはからんや韓国の産業照明の営業担当となり、TOEICで頑張った成果は活かされることなく、韓国の優秀な営業と二人三脚で仕事をこなすことになりました。

 

当時の液晶TVには、バックライトとしてLEDではなくて非常に細い「冷陰極蛍光灯」という蛍光灯が使われていて、その冷陰極蛍光灯を韓国のサムスン電子やLGへの販促を行うような仕事をしていました。

 

私の記憶が確かならば、当時日本での直管蛍光灯の需要が約5000万本といわれていた時期に、私一人の担当の売り上げが1500万本を超えていました。

 

売上が馬鹿でかく楽をしていても成績優秀・・・、今考えると夢のような人生のいっときでしたが、韓国の営業があまりに優秀すぎて出る幕がない・・・社内では仕事をやっているふりをしているだけで成績は上がるけれども、昔やっていた生産管理のような仕事をする中で、ちと面白みに欠けてきたなと感じていました。

 

松下電器はいい会社で1年に1度自分の進みたい道や夢を聞いてくれるんですが、その時にはいつも「アジア、アフリカなどの厳しい環境下での開発営業」と書いていました。

 

しかし、当時照明事業で積極的な海外営業展開を控える動きもあり、「アジアアフリカなどの手つかずの市場で這いずり回って営業網を構築したい」という、鉄砲玉的性格の私にとっておそらくサラリーマンとしてもっとも自分自身を活かせる道が見えない状況の中で、サラリーマンとしての手詰まり感を感じていました。

 

仕事は優秀な韓国人の営業に任せていれば何とかなるし、時間を持て余し気味だったので、会社が終わった後に、以前から興味のあったリラクセーション、癒しの世界の勉強でもしてみようかな?と思ったのがこの業界に係る直接的な入り口ではありました。

 

サラリーマンからカイロプラクターへ 

いろいろな学校(カイロプラクティックだけでなくリフレクソロジー、柔道整復師やはりきゅうなども)を視察する中で、もっとも信頼のおけそうな学校という事で2年制のカイロプラクティックの学校「日本カイロドクター専門学院」の夜間部に入学しました。

 

はじめての解剖学がやたらと面白くて、仕事以外の時間は夢中になって勉強しました。

 

カイロの学校でもすでにトウが立っている感は否めませんでしたが、若い仲間たちとわいわい言いながら実習を行うのも非常に新鮮でした。

 

「あっ」という間の半年間でしたが、その入学して半年後の10月初めに社内で「早期退職者支援制度」というプロジェクトの募集がありました。

 

早期退職者を支援する、本当にありがたい制度…リストラの一環として退職金を上積みして辞めたい人に手を挙げさせる制度であるわけですが、「どうしたもんかなあ」と思いあぐねるも、年老いた両親の住む実家新潟に帰るとすればサラリーマンとして都落ちするよりは、小さい店とはいえ一国一城の主、個人事業主として帰りたいという思いがあり、「まさにチャンス」ではありました。

 

3年先までの事業計画書を作ってスケジュール的にも資金的にも独立できそうな算段が付いたので、思い切って「早期退職支援制度」を利用させてもらう事にしました。

 

基本的に早期退職支援制度を利用して退職した人には人材の補填をしないというのが原則でしたので、お偉いさんでもなく中途半端な中堅社員(課長代理)の私が「やめさせてもらいます」といったときには職場の皆さんに大いに驚かれました(自分の仕事が増えるから)が、しかしやはり松下電器は懐の深い会社なので最後は気持ちよく見送って頂きました。

 

普通考えて、個人事業主になる為に安定した大企業をやめることはないだろう・・・と考える人も多いでしょうが、46枚の事業計画書を見ていると「成功しないわけがない!!」と思っていました。ま、世の中そんなに甘くはないことを後で知ることになるんですけど・・・。

 

会社と学校の2足のワラジをやめて、カイロプラクティックへの道に進もうと決めたものの、やはりいろいろなことを勉強しておいた方がよかろうと考えて、カイロプラクティック以外に、アロマテラピー最大手の日本アロマテラピー環境協会(AEAJ)でインストラクターの資格を、当時最大手のマキフジタリフレクソロジースクールでリフレクソロジーを勉強しました。

 

かみさんにも無理を言って、AEAJ認定のアロマテラピーのインストラクターの資格と、アロマセラピストの資格、さらに心理学系のキャリアコンサルタントという資格も取ってもらいました。

 

私はさらにカイロプラクターの直営校で働いたり、RAJAで半年のリフレクソロジー勤務経験を経て、その他にもテーピングやカウンセリングの勉強をしながら、思いがけず大阪の東天満の整骨院で技術チーフを務める機会があり、「整骨院の世界」のなんたるかを勉強させてもらうことができました。

 

本当にその頃は目が血走っていたと思います。

 

短時間のうちに働いてのぞかせてもらった店が10店・・・この世界で生きていくために必要ないろんなことを、集中的に勉強させていただきました。

 

 

そして新潟白山へ

会社を辞めて3年目の冬の11月26日、家内と二人新潟に戻ってきました。

 

あられやみぞれ吹きすさぶ新潟市内を家内と二人、タウンページで調べた同業店や空き店舗の様子を確認し、夜にはマッピングしながら、どの地域に店を出したらよいかを勘案しました。

 

白山という土地は昼間はひなびた感じがありますが、朝晩は非常に乗降客が多く活気があります。

 

また以前働いていた東天満(北野天満宮が近くにあります)と同様に白山神社が近くにあり、氏子のつながりも強いだろう、市役所その他公的施設もたくさんあり公務員も多い、病院も多い(看護師さんがたくさんいる)という事がだんだんとわかるうちに、もうここしかないという気持ちになりました。

 

そして2008年2月11日「整体工房白山駅前店」を開業しました。

 

皆様に店の名前を憶えて頂くために、雪混じりの寒空の中、夫婦そろって白山駅前のビラ配りから始めました。

(ま、嫌がる家内をなんとか説き伏せて、というのが本当のとこですが・・・)

 

開業4カ月間は1日の休みを取らず、必死に働きました。

(ま、家内は火曜日休んでましたが・・・)

 

そうこうしているうちに、患者さんも増え、地域の皆様に受け入れられている手ごたえを感じられるようになりました。

 

 

更に柔道整復師の道へ 

開業5年、お陰様でたくさんの患者様に支えられて白山の地に根を張った地域密着整体院に成長したと実感できた頃に、周りを見回すと、「60分2,980円」の安値攻勢のチェーン店や、積極的に上手に宣伝広告を始めた整骨院が出始めていました。

 

いま、ここで歩みを止めれば大きな時代のうねりに飲み込まれるかもしれないという不安と、白山という土地柄高校生がたくさん通ってくれていましたが、「部活をしている学生たちが通い続けるにはどうしても高い店」でもありました。

 

保険適用可能な「整骨院」として学生たちに使いやすい店にしたいという思いにも後押しされて、3年制の専門学校である新潟柔整専門学校(旧セルテック新潟柔整専門学院)に入学し、再度若者たちに交じって勉強することを決心しました。

 

名前が柔道整復師というだけあって、柔道の授業があり、さらに3年生になると認定試験なるものがあり、それに合格しないと卒業させてもらえません。

 

「治療家の勉強するのに、なんで50間近で柔道せんといかんの?」と、かなりわだかまりを持っていましたが、しかしやらないと卒業させてもらえないので、ケガをしないことを一番に考えて、柔道に取り組みました。

 

また専門学校では夜間コースと昼間コースがあり、夜間コースの方が社会人も多く落ち着いた雰囲気でしたが、夜間コースに行けば仕事帰りに新潟整体工房に寄ってくださる方に迷惑をかけると考えて、昼間コースに入学しました。

 

クラスメート30名のうち3,4名を除いて高校卒業してすぐの若者たちです。自分の娘たちよりはるかに若い・・さらに私がクラスで最長老でした。

 

「足手まといにならないかな⁉」と、かなり心配してましたがいい子たちばっかりで、私のようなおっさんも適度に仲間に入れてもらえました。

 

若い頃に比べると記憶力が落ちて、思うようなペースで勉強がはかどりません。

 

しかし、年齢を言い訳にしていても進級して国家試験に合格しないと意味がありません。

 

若い子たちから見れば、その必死さ加減はもはや滑稽に見えたのではないでしょうか。

 

それこそ底の抜けた桶で必死で水を貯めて、なんとか3年のスパンで湯船に水を貯めることができてほっとしました。

 

2016年春、無事国家試験にも合格し、晴れて医療系国家資格、柔道整復師の免許を頂戴しました。

 

いよいよ整骨院開業

以前に大阪で整骨院で働いていたことがあり、整骨院の実情について大体把握はしているつもりでしたが、経営者としてすぐに開業するには自信がなく、まずは燕市吉田の実家で渋木整骨院を立ち上げて昨今の整骨院を取り巻く環境など、勉強をしようと考えました。

 

2016年8月に渋木整骨院を保険所に登録し、おもに新潟整体工房の休日の毎週火曜日に営業してきました。

 

つまり1年以上、1か月間の休みは第3月曜のみの生活を続けてきました。(かみさんは毎週火曜日と第3月曜日休んでましたが)

 

そしてようやく白山の新潟整体工房も整骨院化する決心がつきました。

 

2017年12月1日付けにて、新しく「新潟整体(タイ)工房」から「新潟整骨(コツ)工房」に屋号変更し、医療保険療養費支給申請可能な施術所として生まれ変わりました。

 

さらに2018年3月1日、吉田の渋木整骨院も「新潟整骨工房燕院」に名称変更しました。

 

保険適用となっても、今までとおり、頑なに手技一本、安易に電気治療器に頼らず、自分自身の腕だけで皆さんを悩ませる症状の根本原因を探り出し、良い状態が長く続く治療を行ってまいります。

 

今後も新潟整体工房同様、新潟整骨工房を、そして吉田の新潟整骨工房燕分院もよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

燕市 整体工房 吉田出張所

燕市 新潟整骨工房燕院 

完全予約制 毎週火曜日のみ営業

営業時間9:00〜19:00(最終受付18:30)

ご予約はいつでもOK。但し深夜はご遠慮下さい。

TEL090-5016-3439

email: sibuk967@softbank.ne.jp

住所:燕市吉田下中野774 詳しくはこちら

(駐車場は院前に5~6台停められるスペースがあります)

 

新潟整骨工房 白山駅前店

レゾン・ド・アロマ

TEL0120-948-893

住所:新潟市中央区白山浦2丁目201-101